二度目の給料

今月の給料は一ヶ月フルに働いたので、契約した金額を貰った。決して多い額ではないが、休みは週に二日あるし一日の拘束時間は7時間くらいだから今のところはしょうがない。語学学校があるので、土曜日以外は朝から働けないので全体の流れというのが今ひとつ分かっていない。

予定では、来年の2月からもう4ヶ月語学学校に通い、その後は一日中働こうかと思っている。その際には雇い主に給料の交渉をしようと思っている。
フランスでは、要求がある場合は直接言わなければ何も変わらない。
そして、日本との大きな違いはサービス残業という概念が基本的にはないということだ。
だから、いくら仕事が終わらないといっても帰ろうとする。でも、たしかにボランティアではないわけだから彼らが主張することももっともなことかもしれない。日本の働き方に慣れてしまっているせいか、違和感を感じてしまうこともあるが、もしかしたら自分たちがおかしいのではと少し考えることがある。

結論から言えば、フランス人の仕事に対する考え方は嫌いではない。
でも、本当にどうしようもない時はサービス残業も必要だと思う。
で、欲を言えばそのサービス残業をきちんと残業と認めてお金をくれる雇い主の下で働けたらいいと思う。
[PR]
by redballoon13 | 2008-12-11 09:50 | 仏蘭西にて