お気に入りの画集

今年の春に買ったBanksy(イギリスを拠点として活動している覆面芸術家)というアーティストの画集を見返したが、やはりとてもいい。なぜ覆面かというと、彼の作品の大半は勝手に許可なく公共の建物の壁などに描くからだ。
警察、監視社会、政治、芸術、経済、帝国主義、消費主義etc「すべてを疑え」とインタビューで答えていたが、彼の作品にはそいいったメッセージが多く含まれていて、とても興味深い。
彼を有名にした出来事の一つは、世界各国の有名美術館のあまり目立たない場所に勝手に無断で自分の作品を展示し、何ヶ月も気付かれぬままそのまま放置されていたというから面白い。そんなこと考える人などいるだろうか。愉快痛快とはこのことだ。芸術とは何か?彼の作品を見るたびに考えされられる。

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-10 20:26 | 仏蘭西にて