Salon International de l’agriculture  2011

はい、そういうことで今年も妻も自分も大好きな、国際農業見本市に行って来ました。残念ながら妻はまだ日本なので1人でしたが・・・。
そもそも、このイベントは農業関係者の為の大規模なビジネスショーなのだが、自分のような一般の人々も大勢訪れる。何気に気に入っているところは、大勢の子どもたちの姿が見られるということ。おそらくは教育の一貫として連れて来られているのだろうが、パリで暮らしている都会っ子にはとても良い機会だと思う。

パリの農業見本市会場は、東京ドームの十倍くらいの広さがあるそうだが、それでこの混み具合はいったい何だ!?っていうぐらい毎回混雑している。しかし、自分にとってはディズニーランドなんて足下にも及ばないくらい、この農業見本市会場は魅力的なので、開催される度に足を運んでしまう。
そもそもフランスの国土の半分は農地なのだから、このイベントはフランスの姿が反映されているといっても過言ではないかもしれない。フランス=パリではなくて、農業!!!あっそれから軍事産業もか・・・。
b0032039_347187.jpg

              こういう柵なども、展示販売されている。
b0032039_3482511.jpg

牛洗いマシーン。この値段がお買い得かどうか、検討もつかない。後ろに写っている大きな肥料用のダンクも売り物です。
b0032039_3501873.jpg

                        このパズル、渋い!
b0032039_3514715.jpg

                    おしゃれな首輪。かっこいい。
b0032039_3525450.jpg

                           肉のトンネル。
b0032039_3545088.jpg

            まずはシュワシュワ。安い!一杯4ユーロ。美味しゅうございました。
b0032039_3555784.jpg

昼飯は、コルシカ島の名物。この写真のものをパンにはさんで食べました。こちらも美味しゅうございました。
b0032039_35817100.jpg

デザートはクレープ。グラン・マルニエが、かけ放題だったので、たっぷりと。またまた美味しゅうございました。
b0032039_413613.jpg

            眼鏡をかけた子供。いっさい笑顔はありません。
b0032039_432430.jpg

子供の為のロッククライミング教室。登ったはいいが、怖くなって降りれなくなる子が続出。

b0032039_443172.jpg

警察犬。生まれて初めて触ったが、さすがに怖かった。命令されれば、いつでも噛み付いてくるのだろうから、そう思ったら普通の犬のようには触れない。でもかわいかったなあ〜。
自分の中では今回のイベントの中で一番興奮したアトラクション?だった。こんな機会はめったにないな。
b0032039_48512.jpg

憲兵隊募集の看板の前で、こんな記念撮影も引き受けてくれます。これも仕事のうち。犬はどう思っているかは知らないが、危険な任務よりはいいだろう。自分も子供がいたら間違いなく撮っていたな。
b0032039_418233.jpg
今回のイベントで購入した、シリアルナンバー入りニンニクとオリーブオイル。生産者から直接買えるのが良い。
b0032039_4192838.jpg
[PR]
by redballoon13 | 2011-02-22 04:13 | 仏蘭西にて