La Garonne Expose 第三週

b0032039_5185352.jpg近ごろ日を追うごとに寒くなっているような気がする。9月も第3週の週末は外にいるのがつらいほど寒かった。特に寒かった土曜日は人の往来も少なく、アーティストもまばらで少し寂しい雰囲気だった。夜に友達の家に遊びに行く予定もあったので、俺も少し早めに絵を片付けて退散した。

b0032039_5191367.jpg翌日の日曜日は少しばかり日が射して、土曜日よりはずっとましだったが、でもやっぱり少し寒い。セーターと手袋を持って出かけた。しかし天気はわりと良く、アーティストも多かったのでお客さんもたくさん来た。この日は学生だという女の子が1枚絵を買ってくれた。「学生でお金があまりないから」と言われたので少しまけてあげた。喜んで帰ってくれたのでそれでいい。それからスケッチブックに描いていた絵を友達のアーティストが買ってくれた。スケッチブックの1ページだが、大事そうに持ち帰ってくれた。少し前に描いた家の絵だ。このブログにものせたことがある。気に入ってくれた人の手に渡って良かった。この日はキャンバスに描いた絵1つとスケッチブックの絵が1枚の計2枚が俺の手元から離れていった。絵が売れてお金になるというのはもちろん嬉しいのだが、俺の絵が他の人の家にあって飾ってもらえることを考えるともっと嬉しい。前に売れていった絵もどんな家のどんな部屋にあるのだろう。そういうことを想像してはまた次の絵を描く。

第1週の日曜日に初めて会って話すようになったエニィという自称ミュージシャンの馴染みの客が今週は来なかった。今まで2週連続で来て、しかも俺が日本人だというと、どこで手に入れたかよく分からない日の丸のTシャツを着てきてくれた彼だが、来ないと気になる。先週は左の胸のあたりを押さえて痛い痛いと言っていたが大丈夫なんだろうか。

左の写真は子供達が無料でお絵かきが楽しめるコーナー。毎週画家が誕生している。
[PR]
by redballoon13 | 2005-09-20 05:41 | 仏蘭西にて