La Garonne Expose 第四週

b0032039_4324843.jpgガロンヌ川での展示も今週で終了。最終週の土曜日はこれといって何もなく終わった。いよいよ明日が本当の最終日と思っていたのに最終日の今日は午前中から雷が鳴り、会場に到着すると雨が降り出してきた。しばらく会場で待機していたが、この雨では展示ができないということになり、みんな荷物をまとめて帰ることにした。せっかく最後の展示だったのに残念でならない。最終週に向けて新しい絵も描いていたのに。でも雨では絵も濡れてしまうし、仕方がない。なんだかパッとしない終わりになってしまったが、全部で8日間の開催で1日しか雨が降らなかったから天候には恵まれていたと言ったほうがいいかもしれない。この展示に参加できて良かったと思っている。

ガロンヌ川の展示が終了したので、これからは子供用の家具に絵を描くという、大家さんから依頼を受けた大仕事にとりかかる。この家具にとりかかるにあたり、先日東京から遊びにきた友達に日本でしか買えない絵の具を買って持ってきてもらった。こんな大きなものに絵を描いたことがないから楽しみだ。でも失敗が許されない仕事でもある。友達が「大家さんは誠君に最後に素敵なプレゼントをくれたね。」と言っていたが、俺もそう思う。大家さんは俺のいないところで雅子に「誠に依頼した家具の絵の報酬についてまだ話をしていなかったんだけど・・・」と言ってきたそうだ。俺はもちろん無料でやるつもりだったし、ぜひやらせていただきたいと思っているくらいだ。大家さんは気をきかせて雅子にそれを言ったのか、それとも俺とフランス語で話すのが不安だったのか真相はわからないが、俺の絵に敬意を払ってくれている気がして嬉しかった。
[PR]
by redballoon13 | 2005-09-26 04:48 | 仏蘭西にて