ワインの話

GERARD BERTRAND CORBIERES 2005
ジェラール ベルトラン コルビエール

(原産国)フランス   ラングドック・ルーション

(ワインのタイプ)ミディアム

(葡萄の品種)カリニャン 40.0 % ・グルナッシュ・ノワール 30.0 % ・シラー 20.0 % ・ムールベードル 10.0 %

(特徴)ブラックベリーやブラックチェリーなどの香りがある

フランンス滞在中に家で飲んだワインを記録して、ワインのことをもっと知ろうと思います。
ラングドックは、「今やフランスワイン産地のなかでラングドックほど品質面において進化を遂げ、価値あるワインを提供している産地はない。」と言われるまでに急成長しているらしい。無農薬・有機栽培で丁寧に葡萄を育てて作った、自然派ワインも数多くこの土地で作られている。因に以前住んでいたトゥールーズの隣の地方だ。
そのラングドックに、凄いワインの作り手のジョルジュ・ベルトランという人がいて
、その息子であるジェラール・ベルトランが父親の遺志を受け継ぎ、現在のジェラール・ベルトラン社を設立。ワインの名前になっている。コルビエールは村の名前。値段は、7ユーロ弱だったかな。ソムリエの様な表現は出来ないが素人なりの感想を。とてもフルーティーだが、それでいてしっかりしている。少し冷やして飲んでも良いかもしれない。個人的には好みの味だった。日本でももちろん買うことが出来ます。赤ワインがあまり苦手な人とかは、飲みやすいと言うかもしれない。
[PR]
by redballoon13 | 2008-09-22 05:47 | 仏蘭西にて