パリ国立動物園

動物が好きです。だから、動物園が好きだ。以前、1人で、しかもバイクで、富士サファリパークに行き、動物の模様のバスに乗って熊やライオンや虎に餌を与えたりした。もちろん、男1人で来ている人など誰もおらず、周りはカップルと家族連れだけだった。

というわけで、観光でパリに来てまでは動物園に割く時間などはなかったので、住んでいる間に行ってみようということになり、パリの東の端にある動物園に行ってきた。
入場料は1人、5ユーロ。土曜日というのに、人影がほとんどなく閑散としている。
もともと、観光客はほとんど来ないスポットだけど、それにしてもガラガラだ。
第一印象は殺風景というか、管理がいき届いていない感じがしたが・・・

それもそのはず。

あとから知った事だが、最近、動物園の改装が決まったらしく、猛獣・熊・象などはすでに移転していて残っているのは草食動物・鳥類・ペンギン・カバ・白い狼2頭だけだった。(狼は、もののけ姫に出てきたのに似ていたから良かった)

こんな大事なことを全く知らなかったので、なんて素朴な動物園なんだと思ってしまった。

まあ、ある意味貴重な時に訪れたということも言えないこともないが、そうでもないとも言えないこともなくはない。

改装が終わってから、また来た方が良さそうだ。

b0032039_21464481.jpg


キリンたちの背後には、アフリカの大地をイメージして描いた壁の絵があります。
b0032039_2148165.jpgb0032039_2149837.jpg
[PR]
by redballoon13 | 2008-10-06 21:49 | 仏蘭西にて