<   2005年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

マンモスとマンモスの肉

b0032039_2214681.jpgb0032039_222991.jpg5月くらいから街の日本食レストランでexpositionをやらせてもらうことになった。フランス料理のレストランのexpositionもまだ続いているので、トゥールーズの街で同時に2箇所で俺の絵が展示されることになる。まるで売れっ子画家のようだが、決してそうではない。実際、まだ絵はひとつも売れてないのだ。でも多くの人に自分の絵を見てもらえるのはとてもありがたいことだし、ギャラリーを有料で借りるのではなく、無料で展示させてもらえるなんて、夢のようだ。今回のexpositionは前回とはまったく違う感じの絵を描こうと思っている。

More
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-31 02:23 | 仏蘭西にて

働く車

b0032039_1719197.jpg


More
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-30 17:20 | 働く車

b0032039_1785256.jpgb0032039_1792695.jpg

More
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-30 17:12 |

Barcelone 4

b0032039_5254816.jpg
草原で語らう恋人たち、ではありません!高速道路の休憩所にて撮影。今日は本当に良い天気だった。

旅行に行くのは楽しいが、やっぱり家が落ち着く。バスがトゥールーズに近づくと、早く家に帰りたくなった。旅行かばんを片付けて、締め切りにしていた家の窓を開けて空気の入れかえをしていると、近所に住む夫婦が話しかけてきた。もちろんフランス語。同じ外国人だけど、聞いてわかる言葉を話す人達だ。フランス語だって自由に話せるわけじゃないけど、やっぱり落ち着く。スペインでは人が話す言葉が何がなんだかまったくわからなかったから、緊張もするし、やっぱり疲れた。ここ数ヶ月の田舎暮らしで、都会のペースを忘れてしまったのかな・・・。
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-29 05:27 | 仏蘭西にて

Barcelone 3

b0032039_4194912.jpg
バルセロナ旅行の主な目的は美術館に行くことだった。バルセロナを中心としたカタルーニャ地方には芸術家が何人も生まれている。ピカソとミロもその一人でバルセロナにはそれぞれの名前がついた美術館がある。

まず旅の初日に行ったピカソ美術館は観光客でいっぱいだった。みんなピカソが大好きなんだな。この美術館はピカソが絵を始めた10代の頃の絵から死ぬ前に描いた作品までが時代を追って展示されてとてもわかりやすい。日本ではピカソの企画展があるたびに見に行っていたつもりだが、作品数が膨大なのでまだまだ見たことのない絵がたくさんあった。よく言われていることだが10代にしてあの力量には驚いた。練習で描いたような人物画や裸体ですら素晴らしい。俺が好きな絵はキュービズムが終わってからの絵で、笑える絵がたくさんある。見てるとおかしくなってきて笑っちゃうのが好きだ。ピカソはだんだんと実際の目で見たものではないものを描いていたのだと思うが、実際に目に見えるものもきちんと描けないと目に見ないものは描けないだろうと思う。

2日目に行ったミロの美術館は丘の上の公園の中になる気持ちの良い場所だった。実はミロについてあまり知らずに「ミロはあんまり好きじゃないな」なんて思っていたが、見てみると好きな絵もいくつかあった。好きじゃない絵もいくつもあった。ミロはいろいろな材料を使って作品を作っていたようだが、はじめに展示されていたテキスタイルが良かった。色も構図も好きだったし、素材もおもしろかった。最後の展示室にあった作品は巨大なカンバスにニョロニョロと黒い線が1本引いてあるだけのものだった。それこそが作品なんだろうとはわかるが、それを人に作品として発表する決断ができるというのがなんだかすごいと思う。「これで完成」とよく決断できたな・・・。ガウディとは違う方向性の芸術家だ。

2日目のミロの後にいったバルセロナ現代美術館はとてもつまらなかった。はっきり言っておもしろいところが一つもない。雅子と俺も見ているうちから「ぜんぜんおもしろくない」と言いながら見ていた。でも最後まで見逃すまいとすべての展示室を回ったが、やっぱりおもしろくなかった。まず現代美術館としての建物がおもしろくないし、展示内容と展示の仕方もおもしろくない。きっと学芸員がよくないのだろうと雅子が言っていた。美術館に隣接するアートショップみたいな店の品揃えもおもしろくなかった。こんなことならカタルーニャ美術館というこの地方に古くから伝わる作品を展示している美術館に行けば良かった。

More
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-29 04:57 | 仏蘭西にて

Barcelone 2

b0032039_3235613.jpg
バルセロナと言えば、Gaudiの建築がとにかく有名。街中に点在する建物を見て回ると相当歩くことになり、けっこう大変だ。しかもヨーロッパ中のカトリックの国から復活祭のバカンスを利用して観光客がバルセロナにも押しかけ、どこに行っても人、人、人。Gaudiの作品は素晴らしいが、すっかり田舎生活に慣れてしまった俺たちは人疲れした。

写真はあの有名なサグラダファミリア教会だ。バスでバルセロナの街に入ったとたん目に入った、とにかく巨大な大聖堂だった。「わ~、バルセロナだ!」って誰もが感じる瞬間に違いない。実際に実物を目にすると、彫刻ひとつひとつの細部が素晴らしかった。自然にある木や花などの植物、貝がらなどをモチーフにしたデザインには感動した。入場料が高く、しかも人でいっぱいだったので最初はちょっとげんなりしたが、細部を見るうちにそんなことも気にならなくなった。俺は彫刻主任の外尾さんも手がけたという「生誕の門」の反対側にある「受難の門」の彫刻が好きだ。


b0032039_3365269.jpg
教会の内部はもちろん工事中。これから作成されるであろうモザイクのパーツなどが、そこらに置いてあった。俺たちが行った日は祝日のため工事はされていなかったが、大量のヘルメットが埃まみれになって置かれているのが見えた。完成まではあと100年、200年とも言われている。果たして本当に完成することができるのか。間違いなくこの目で確かめることはできないだろう。そう思うと悲しくなってきた。しかしこの作品における完成とは、本当に完成させることではないのだろう。作成する工程も作品に含まれていて、人々はその工程を見て感動する。こういうことを考える学問が芸術学であり作品論だと思われるが、難しい話はあとで考えるほうがいい。その場を楽しまなければ。

しかしGaudiは街中を自分の作品にしてしまおうと考えていたのか。どの建物を見ても一目でGaudiのものと分かるが、それがまた贅沢で妥協を知らないものばかり。グエル公園というバルセロナの高台にある公園もすごい規模だった。この公園はグエルさんというお金持ちが住むための庭園集合住宅を想定されて作られたものらしいが、グエルさん以外には購入した人がいなかったそう。バルセロナの街を見下ろす眺めのいい立地条件にGaudiの贅沢なモザイクが施された広場や住宅、どう考えても高額な物件だったに違いない。公園の入り口にあるGaudiの作品周辺にはすごい人だかりだったが、美しいタイルで構成されたモザイクはとても美しく、雅子は「こういうかわいい窓から手を振りたい」と言っていた。本気か!?

More
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-29 03:44 | 仏蘭西にて

Barcelone 1

b0032039_2373779.jpg国際長距離バスに乗って隣の国スペインのバルセロナへ旅行に行ってきた。バスでの移動時間は約6時間。途中フランス、スペインの2つの街を経由して、バルセロナが終点のバスだ。6時間と聞くとものすごく疲れそうな気がするが、バスの窓からはフランスの田園風景が広がり、スペインに近づくとまた違う趣きの風景が見られるので、あまり苦にならずに移動できた。なんと言っても往復33ユーロで移動できるのはありがたい。

今回の旅行が俺たちにとって初めてのスペインで、二人ともスペイン語もカタルーニャ語(バルセロナの公用語)も話せないので、ホテルは安くそして安心なところをインターネットで検索し、日本人女性がご自宅の一室を旅行者に貸し出しているというホームステイみたいな滞在先を選んだ。その方はバルセロナに5年も住むベテランで、仕事もしているのでスペイン語は話せるし、いろいろな情報を教えてくれるし、なんといっても人柄がとても良くて快適な4泊だった。猫を2匹飼っているので、その猫たちとも遊び放題だ。b0032039_259389.jpg

スペインはフランスに比べて少し物価が安く、外食もレストランでなくてバルという居酒屋に行くと、少しずつつまみながら酒を楽しむことができ、トゥールーズでは高くて美味しくない魚介類が手軽な値段でしかもとても美味しい。バルセロナについた初日はまず滞在先の女性主人に近所の美味しい店を聞いて、スペイン料理を食べてみた。

旅行中に食べた(飲んだ)スペインの美味しいものは以下の通り。
たらのにんにくクリームソース・魚介のパエリア・豚の血のソーセージ・コロッケ・イカフライ・乾燥トマトのサラダ・牛の胃袋の煮込み(日本のもつ煮込みの様)・えびの素揚げ・サングリア・カバ(スペインのシャンパン)

残念ながらパンはだんぜんフランスが美味しい。デザートに関しては頼まないほうがいいというススメの通り一度も食べなかった。

More
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-29 02:46 | 仏蘭西にて

Je suis a Toulouse.

b0032039_0373632.jpgたった今、バルセロナから戻って来ました。後でバルセロナのことを書きます。とりあえずパスタを食べます。疲れた~。
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-29 00:40 | 仏蘭西にて

こんな景色。

信じられないような自然が、まだ近くにはあったんだ。
春日部市豊春の光景。b0032039_7484898.jpg

More
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-27 07:49 | ベルリン歯谷川

窓辺の景色

新居からb0032039_224868.jpgの景色。帰ったら遊びに来てください。
[PR]
by redballoon13 | 2005-03-25 22:05 | ベルリン歯谷川