<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

時計のバンドが壊れた。買ってから、かれこれ4年も経つのだから壊れても不思議はない。フランスに来てから少しずつ壊れていったのだけど、今日腕に時計を装着出来ないただの細長い皮になってしまった。愛着のある物が壊れるのは確かに悲しいけれど、壊れるまで使い切った充実感もあった。

ひとつしかない携帯電話はいつも雅子が持っているし、時計がないと不便なので新しいバンドを買うことにした。時計屋に行ってバンドが壊れた旨を説明して、時計に合うサイズのバンドをいくつか見せてもらった。その中に明らかに他のバンドとは違う質感のものがあった。そう!鮫の皮で出来たバンドがあったのです。以前から次にバンドを換えるなら鮫!と思っていたのだけど、値段が高すぎて驚いたことがあった。(因みに値段は2万5千円くらいだったと思う)恐る恐る値札を見ると・・・41ユーロと書いてあるではありませんか!!!迷わず即購入し、その場で付け替えてもらった。本当に嬉しかったので、お店の人に、「俺、嬉しいです。本当にありがとうございました!」とお礼を言って店を後にした。今考えるとどう考えてもちょっとおかしいけど、お店の人も俺に凄く感謝されて嬉しかったに違いない。きっと今頃、何処かのバーで友達と一緒にビールを飲みながら、「今日さあ~、変わったお客がいてさあ~、俺嬉しいです。本当に有難うございました!(俺の口真似をしながら)なんて言って来てさあ~、本当に参ったよ~」などとおどけて友達に話しながら、ちょっといい感じの夜を過ごしているに違いない。羨ましい。でも俺のおかげだ。

明日から月曜日まで、モロッコ旅行に行ってきます。旅行中のブログは歯谷川が担当することになっているのでお楽しみに!

More
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-24 07:08 | 仏蘭西にて

売れた。

昨日は飲み物もお弁当もいっぱい売れた。しかし、数字にユーロを付けて発音するのは本当に難しい。苦手だ。昨日も2ユーロと言っているつもりなのに、「えっ、12ユーロ!!!」とそこまでするか!というようなリアクションをしている人がいた。

Okiniの売り場の近くで演奏していたのは、今時無いだろう~というメタルチックな音のギターとベースとドラムの3人組だった。しかも、インストゥルメンタル。もしも、日本の友達とかも一緒に聴いていたら、「あっ、やっちゃった!」と声をそろえて言っただろう。残念ながらいけていなかった。しかし、6時間の間に3回も演奏したので、曲の展開を覚えてしまった。昔からの癖だ。
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-23 03:20 | 仏蘭西にて

いつのまにやら・・・

体調を報告するブログになっていました。しかし、このブログのおかげで似た様な症状のことやアドバイスをもらい、とても参考になりました。どうも有難うございました。

ストレスというものは、ほとんどの病気の原因になっているのでは?と俺は思います。今回もきっとストレスが元でなったのではないかと思う。俺はあまりそういうものには疎い人かと思っていたのに・・・。

因みに、今日は昨日と一昨日に比べたら少しは体調が少し良くなりました。でも本調子ではなく、なんとなく頭が重いなあ~という感じ。

以前から遊園地にある、珈琲カップ?コーヒーカップ?あのクルクル回る乗り物が大嫌いだったのですが、この体調で乗ることを考えただけで、少し吐き気を模様してしまうほど、絶対にあの乗り物(クルクル回る乗り物全般)には10万円をくれると言われても絶対に乗りたくない。だいたいあんなにクルクル回って何が面白いんだろうか?不思議でたまらない。

今日は音楽の日。フランス全土のあらゆる場所(たぶん・・・)で、プロ・アマ問わずにいろいろなジャンルの音楽を無料で聞くことができる。これに便乗してOkiniでは、おにぎり&から揚げ弁当を路上で販売する予定だ。街の中心の道路は全て封鎖して歩行者天国にしてしまうらしい。フランスの場所によって、いけてると所といけてない所があるんだろうな~。パリはやっぱりいけてるのかな?雅子が帰ってきたら聞いてみよう。
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-21 18:06 | 仏蘭西にて

ひとり

今朝、病院に行って薬をもらって飲んで寝ていたが、あまり良くならないし寝るのにも飽きたので起きた。風邪とかのように寝て治るというものではないようだ。ただ起きているよりは楽なだけ。よく分からない病気は本当に憂鬱になってくる。これなら、骨折とか捻挫の方がまだましだ。常になんとなく続く頭痛のようなものは、すごく苦手だと初めて認識した。とりあえず、しばらくは薬を飲んで様子を見るしかない。

雅子は電車でパリに出かけた。体調が悪いので駅まで見送りはしなかった。片道、5時間ちょっとの旅。帰りは明日の夜。
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-21 01:31 | 仏蘭西にて

めまい

昨日は、朝起きて目を開けると天井が回っていた。もともと三半規管が弱いので、「あっ、無理無理」と思いすぐさま目を閉じてまた1時間ほど寝てから目を開けた。今度は天井が回っていなかったのでほっとする。

今日は、朝起きて目を開けるとまた天井が回っていた。すこし心配になり雅子がパソコンで眩暈というキーワードで検索してくれた結果、どうやら眩暈体操をすると治るということが分かった。その眩暈体操を雅子から教わり、ベッドの上で右に左にゴロン、ゴロンと何回もグルグルした。しかし、そのせいでますます気持ちが悪くなり、眩暈体操は大嫌いになった。午後になっても体調が回復せず、友達の誕生日会をキャンセルして家でゆっくり休んだ。

眩暈という文字をよ~く見ると気持ちが悪くなる。あ~、俺の体調、良くなってくれ!
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-20 06:27 | 仏蘭西にて

働く車

b0032039_5515334.jpg


More
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-20 05:52 | 働く車

今日のOkiniは、日本の居酒屋の様に何品かビールのつまみになるようなものを取り揃え、夜の10時まで営業した。お酒はビールの他にも日本酒・焼酎・梅酒などもある。本日はけっこうお客が入っていたが、まだ夜も営業していることが知られていないせいか、8時30分くらいで客が途絶える。

一番最後に来たお客さんは、少々お酒を飲まれていた様子で、ろれつが回っていなかった。そのお客はおにぎりに巻く為の海苔を食べた瞬間、「これ、紙!?」と言ってきた。

それが本当の紙だったら、「はい、紙です。」と答えたのに・・・。どうせ紙を出すなら何種類か用意したい。和紙はやはりこちらでは手に入らないので、少々高くつくことになりそうだ。初心者は、わら半紙か模造紙。リトマス紙や写し紙などはちょっと通好みかな?
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-18 07:57 | 仏蘭西にて

働く車&働く人

b0032039_674866.jpg


More
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-17 06:08 | 働く車

些細なこと


仕事場で使っていた包丁は本当に切れない包丁で、ちょっとしたストレスになっていた。料理にとって材料の切り口はかなり重要ではないかと俺は思う。そのことをチカちゃんに話したところ、新しい包丁を買ってもらえることになった。新しく買った包丁はイタリア製で17€と値段もお手ごろだった。調理用具専門店で20€前後で何か良い包丁はないかと聞いたところ、この包丁を薦めてくれたのだ。もう何回か実際に使ってみたが、とても切れ味が良く日本の包丁に似ているような気がした。新しい包丁に変えてから、以前より仕事がはかどる上、調理が少し楽しくなった。べらぼうに高い道具はいらないが、ある程度しっかりとした道具は必要だ。

ミントティーの淹れ方を教わった。そのこだわりの特別レシピで作ったミントティーは本当においしかった。しかし、まだ未完成なのでモロッコ旅行に行った時に、その足りない材料を安く調達してこようと思う。

白髪が増えたと思ったら鼻毛にも白髪が混じっていた。

こちらに来てからというもの、移動の手段は常に歩きなので、この一週間で立て続けに2、3足の靴下が駄目になった。全てかかとの部分が破れていた。

ベルトの穴が3つも縮まった。

最近知り合った近所の友達に、手作りジャムをお裾分けした。

b0032039_695846.jpg

[PR]
by redballoon13 | 2005-06-17 05:42 | 仏蘭西にて

青の祭り

チカちゃんが住んでいるアパートに行った。ガロンヌ川沿いにあるそのアパートは、木々がたくさん生い茂っている広々とした庭がある素敵な建物だった。この日は、青い服を着て集まろう!というコンセプトの飲み会だったので、雅子も俺も青い服を来ていった。しかし、みんなそんなことは何も聞いていないというような服装だった。正確に数えてはいないが11時を過ぎた時点で、おそらく60人近くは集まっていたのではないかと思われる。ここまで人数がいると自己紹介はほとんど交わされない。というか無理。

このアパートは普通のアパートとは違っていて、住人みんなが友達で、11部屋くらいある建物全部を友達で借り切ってしまっている。なので、凄い大音量で音楽をかけ、いっぱい人が集まって騒いでも何も問題が無いのだ。でも、隣のアパートはそんなことは関係無いはずなので大変だと思う。一応、飲み会をやるときは一言声をかけると言っていたが、日本では深夜に大騒ぎするなど到底考えられないことだ。おそらく警察に通報されるか、さもなければ隣人が凄い険相で怒鳴り込んで来るだろう。間違いない。
[PR]
by redballoon13 | 2005-06-12 23:06 | 仏蘭西にて