<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

必需品

ここ何日間か咳が止まらなかったのだが、今夜も寝ようとしたら再び咳が止まらなくなったので心配になり、パソコンで咳を止める為の対処法を検索。
とりあえず喉にタオルを巻き,奇跡的に家にあったカイロを装着。部屋の暖房を切り、部屋にいくつか水を入れたコップを配置し乾燥しないようにした。それから喉の乾きを癒す為に、あたたかい日本茶を飲んだ。

そしたら、咳が止んだ。
止んだが、咳の原因がただの乾燥だけだったとは思えない。
医者に診てもらった方が良いのだろうか。
もう少しだけ様子を見てみよう。

しかし、パソコンは本当に便利だな。
一度この便利さを知ってしまったのだから、なくなったら不便に感じるのだろうなあ。

薬がなかった大昔の人達は、きっと病に対する対処法をいくつも知っていたのだろうなあ。
病に対して薬以外の対処法を知らないので、パソコンがなかったらきっと今も咳が止まらずにいたのだろうなあ。
大袈裟だが、苦しみを和らげてくれたパソコンに感謝。
コンピューターといえばこの曲だよね。

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-19 07:10 | 仏蘭西にて

食べること

福岡伸一さんの「生命とは何か」という話。とても興味深かった。
自分も今まで食事というのは、車などに置き換えればガソリンのように燃料を補給し燃焼する為の行為だと思っていた。
しかし、そうではなく体内で絶えず行われている破壊され構築される、粒子レベルの流れを止めない為の行為だったとは。食べた物は本当に自分の体のありとあらゆる部品の材料になっていたとは。
凄く面白い!!!。
だから、排泄される尿やウンチは食べたものそのものではなく古くなった分子、つまりは自分自身の脳や骨や色々な体の一部であった古くなった部品だったとは。
生物というのは常に生まれ変わっているのか。
だから、食べないダイエットは良くないな。
流れが止まってしまうもの。
その流れが止まった時に生命は絶命するのか。

それから、「プラセボ効果」という薬でない物でも薬だと言われて飲むと本人の思い込みで治療の効果がでるという話。
とても興味深い。思い当たる節が多々ある。
しかし、このことからも思い込むという行為が、やはり重要だということを再確認。
あーこういう話を妻とすると面白いんだよな。今日も家にはいない。
病気の時などは、傍に居てくれて「大丈夫か?」と言われるだけで、少し楽になるような気がするもんなあ。気がするということは、少しは楽になっているんだな。
物質としての薬と同じような効能が、妻の「大丈夫か?」という言葉に含有されている。

あっ、妻の「頑張ってよ!」という言葉。これも自分だけの常備薬。
しかし、スカイプだと間接的なので効能減。
[PR]
by redballoon13 | 2010-10-18 12:48 | 仏蘭西にて

休息日

おかげさまで今週は連日満員で疲れ果てた。
特に昨日なんて昼間は150人のビュッフェに夜のサービスは94人という過酷な日で、なんだかんだで仕事を終えたのは深夜1時30分すぎ。
地下鉄も終わっていたので、タクシーで帰宅し爆睡。
ずっと眠っていたかったが、市場に行きたかったので正午に起き夕食の買い出しに。
今週は本当に頑張ったと思ったので、自分にご褒美と思い子羊とLUSSAC ST-EMILONのワインを購入。
風邪気味で体調がひどく悪く、本当にしんどい週ではあったが「絶対にやりきる!!!」と自分に言い聞かせ、なんとか終えた。
もう一度やれと言われたら本当に嫌だが、終えてみればとても満足感があった。
そして今、ゆっくりと1人で夕食。これで妻がいてくれたら最高なのだが仕方ない。
気が付けば妻と会えるまで2ヶ月。長いといえば長いが・・・。
こんな時は妻の好きな曲でも聞こう。
こんなカバーもいいよね!!!

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-18 03:58 | 仏蘭西にて

ぼくらが旅に出る理由

終わりの出発。
我が家に何日か泊まっていった若者がロンドンに発った。
パリに滞在していた何日か一緒に夕飯を食べお酒を飲み、いろいろなことを話し、とてもにぎやかで楽しかったなあ。
でも今晩からいつも通り一人きり。ちょっとさみしいかも。
彼とこんなに長い時間話し込んだのは始めてだったのではないだろうか。
彼がどう思っているかは知らないが、なかなか話が合うなと思った。
とりとめのないような駄話しが大好きだということを再確認しつつ、2人でいろいろなア↑コガレを話し面白かったねっていうの。
とにかく、無事に日本に帰っておくれ。ただそんだけ!
妻が大好きな記事のタイトルの曲と思ったけど、電車の旅っていいよねってことでこのPV。

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-13 07:53 | 仏蘭西にて

お気に入りの画集

今年の春に買ったBanksy(イギリスを拠点として活動している覆面芸術家)というアーティストの画集を見返したが、やはりとてもいい。なぜ覆面かというと、彼の作品の大半は勝手に許可なく公共の建物の壁などに描くからだ。
警察、監視社会、政治、芸術、経済、帝国主義、消費主義etc「すべてを疑え」とインタビューで答えていたが、彼の作品にはそいいったメッセージが多く含まれていて、とても興味深い。
彼を有名にした出来事の一つは、世界各国の有名美術館のあまり目立たない場所に勝手に無断で自分の作品を展示し、何ヶ月も気付かれぬままそのまま放置されていたというから面白い。そんなこと考える人などいるだろうか。愉快痛快とはこのことだ。芸術とは何か?彼の作品を見るたびに考えされられる。

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-10 20:26 | 仏蘭西にて

旅人

およそ7ヶ月前に日本を出発した若者が我が家の前に立っていた。
中国から始まり、バスや電車や船を使っていくつもの国を訪れパリに彼はやって来た。
来週にはここを発ちイギリスに渡り彼の旅は終わる。
自分は彼のように長期に渡る旅行をしたことがないので、その長きに渡る旅行がもうすぐ終わろうとしている今、彼がどういう心境なのか少し興味がある。

そういえばこのブログをはじめた時、すなわちワーホリでフランスに行く時に友達が書いてくれたコメントを思い出した。

「旅に出るのは、たしかに有益だ、旅は想像力を働かせる。これ以外のものはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に創造のものだ。それが強みだ。」

あのワーホリをきっかけにして、妻と自分の人生が大きく変わったような気がする。
新しいことへの挑戦は、とてもエネルギーがいるし勇気が必要だ。
でも2人ならその負担も半分。だから、なんとかやってこられたんだな。

とにかく、日本に帰った彼がこれから何をするのか楽しみだ。
七ヶ月間、旅したから、七尾旅人!!!

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-09 23:12 | 仏蘭西にて

週末を前にして

久しぶりに扁桃腺が腫れた。
唾を飲むのも痛い。
だいたいこのあと高熱が出る。
それでも今は人がいないから仕事は休めない。
本当は医者に診てもらったほうが良いのだろうけど、薬と睡眠でごまかそう。
白衣と言えばこのPVだ!

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-08 09:03 | 仏蘭西にて

9月28日

先週だったけど結婚記念日(8回目)でした。
今は別々に暮らして一緒に祝ったりも出来ず何もしませんでしたが、なんとなく今までのことを一人思い返した。
妻に出会っていなかったら、きっと今自分はここにいない。
片言だけど母国語以外の言語で誰かと話したり、ましてや外国で働き生活するなんて妻と出会う前の自分には想像も出来なかったことだ。
妻からは本当に色々なことを教わり気付かせてくれた。それらは宝物だ。
妻と出会えたことで人生が豊かに色とりどりになった気がする。
マサコありがとう。
そして、これからも一緒に楽しく生きていきましょう。

また分けの分からないブログだねっていうの。
夫婦といえばこの曲がいいね。

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-05 07:47 | 仏蘭西にて

眠らない夜

昨晩はNuit Blancheということで散々働いて疲れてはいたが、常連のお客さん(テクノのDJ)からのお誘いもあってテクノのイベントに参加した。
そもそもNuit Blanch(白夜=夜明けまでという意味)とは2002年から始まったイベントで、パリ市内の美術館や交通機関などが夜通し営業している。
ほとんどクラブという場所には行ったことがないので、初めはどんなもんだろうと思ってはいたが、お酒を飲んで自由気ままに踊ってけっこう楽しかった。
思い思いに耽って踊っている他のお客達を見ながら、トランス状態というのはこういうことなんだよなあ〜と一人思った。
招待されて行ったのでVIP用パスを腕に巻き、楽屋やステージ裾から実際DJが演奏?している姿を見れたので、大変興味深い経験が出来た。
しかし、DJって楽しそうだな。機会があれば是非やってみたい。それにはまず何から始めればいいのだろうか。自分の中のDJアコガレを再確認。
妻も連れて来たかったと思いながら、早朝地下鉄で帰宅しました。

ダンスといえば、このPVしかないよ!!!

[PR]
by redballoon13 | 2010-10-04 04:36 | 仏蘭西にて

深夜のお茶漬け

ささっと食べれていいねっていうの。食べながら、週に一度はこの曲を聞きたいねっていうの。

去年パリにも来たみたいだけど、ライブ行きたかったなあ。だってみんな楽しそうなんだもんなあ。
[PR]
by redballoon13 | 2010-10-02 08:31 | 仏蘭西にて