<   2011年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

どうでもいいこと

久しぶりに坊主にしようかと思っている。でもマサコは似合わないから止めた方がよいというのだけど、一度思うと無性に坊主にしたくなる。マサコが言うには、坊主は顔が濃い人が似合うというのだ。それは一理ある。たとればサッカー選手の小野伸二。彼は坊主が似合う。
坊主にしてから空港に迎えに行ったら、きっと嫌がるだろうな。坊主にしないで迎えに行くとしよう。

More
[PR]
by redballoon13 | 2011-02-28 06:26 | 仏蘭西にて

ダンス

妻にしか見せたことがないダンスがある。妻はそのダンスが見れただけでも、結婚して良かったと言っていた。
そのダンスの元ネタは、妻が好きな三浦大知のPVでした。和製マイケルと言われるだけあって、歌も踊りも良い。振り付けは全て自分で考えているらしい。


More
[PR]
by redballoon13 | 2011-02-28 04:41 | 仏蘭西にて

downyつながり

そういえば、アヒト・イナザワ率いるVOLA & THE ORIENTAL MACHINEのギターは、元downyのギターリストでした。(今はもう脱退していて自分でバンドを結成しているみたいだが)
しかし、好き嫌いがはっきりで出そうなボーカルだな。因にマサコは嫌いと言っていました。

[PR]
by redballoon13 | 2011-02-26 23:30 | 仏蘭西にて

downy

一時期、なぜだかフィードバック・ノイズや変拍子を多用した音楽が好きになり、CDを買いあさっていたっけ。ポストロックというジャンルを知った頃だな。日本のバンドではdownyが大好きだった。このバンドの特徴は、何といっても映像担当のメンバーがいるというこだろう。久しぶりに聞いたが、あいかわらず格好良いな。しかし、ポストロックって何だ?。いまだにちゃんと理解していない。理解していないが、downyみたいな音楽と認識しています。
[PR]
by redballoon13 | 2011-02-26 08:56 | 仏蘭西にて

127時間

ダニー・ボイル監督の作品を映画館で観るのは2回目。因に一回目は
[28週後]でした。(ゾンビ映画史上、最速のゾンビを見ることが出来ます!オススメ!!!)
先に感想から言うと、期待しすぎたせいもあってか、面白かったかというと微妙。でもきっと、この作品のモデルになった「奇跡の六日間」は読んだら面白かったのだろう。自分が観た回は、とにかく何でもかんでも思ったことを口にする、アメリカ人だかイギリス人が近くにいて、ことあるごとに「OH MY GOD!」とか大きな声で言っていて、正直集中して観れなかった。こういうことも含め映画体験ということなのだろが、めったなことで言うもんじゃないが内心「死ね!」と一瞬ではあったが思ってしまった。

しかし、果たして自分も同じ状況に置かれた場合、主人公と同じ行動が取れたかな?。あの行為をしなければ確実に死んでいただろうし・・・。
結論は、ああいう事態になるような行為はしない&場所に行かないということ。
でも本当に劇中のようにカメラに向かって、ふざけてニュース番組ごっこをやったりしたのかな?だとしたら、相当な神経の持ち主だな。
[PR]
by redballoon13 | 2011-02-25 06:06 | 仏蘭西にて

ようやく・・・

健康保険証が家に届いた。手続きを始めてから約半年以上はかかったのではないだろうか。途中、手続きの不備がこちらにあったにせよ、あ〜本当に長かった。でもとりあえずひと安心。これで、マサコも扶養家族として受給権が与えられ、自分と全く同じ条件で加入できる。届いた保険証はICチップ付きのカードで、病歴・血液型・かかった医師のデータなどが全て入力され、このカード自体が電子カルテになっている。こういう部分ではフランスは日本よりも進んでいる。
それと、運転免許をフランスの免許に切り換える為に日本の免許証の法廷翻訳が必要だったので、2年ぶりに日本大使館に行って手続きをした。
フランスの免許を取得すればEU内どこでも有効なので、とても重宝しそうだ。しかも、終身免許証だから更新無しの一生もの。しかし、運転することに支障をきたすような人でも、継続して免許の効力が発生してしまう点を考えると、日本のような制度の方が良い気がする。こういう部分はデタラメなんだよなあ。

[PR]
by redballoon13 | 2011-02-23 03:45 | 仏蘭西にて

長髪&チノパン


もう解散してしまったが、この曲が入っていたデビューアルバム「replenish」は良かった。このバンドのボーカルの印象といったら、なんて言ったって長髪にチノパン。自分もこんな顔で彼のような体型だったなら、間違いなく真似していただろう。ズボンの腰履きを知ったのも、この人がきっかけだった。久しぶりに聞いたが、カッコいいな。

More
[PR]
by redballoon13 | 2011-02-22 19:51 | 仏蘭西にて

出口

b0032039_4395043.jpg

[PR]
by redballoon13 | 2011-02-22 04:39 | 写真の話

はい、そういうことで今年も妻も自分も大好きな、国際農業見本市に行って来ました。残念ながら妻はまだ日本なので1人でしたが・・・。
そもそも、このイベントは農業関係者の為の大規模なビジネスショーなのだが、自分のような一般の人々も大勢訪れる。何気に気に入っているところは、大勢の子どもたちの姿が見られるということ。おそらくは教育の一貫として連れて来られているのだろうが、パリで暮らしている都会っ子にはとても良い機会だと思う。

パリの農業見本市会場は、東京ドームの十倍くらいの広さがあるそうだが、それでこの混み具合はいったい何だ!?っていうぐらい毎回混雑している。しかし、自分にとってはディズニーランドなんて足下にも及ばないくらい、この農業見本市会場は魅力的なので、開催される度に足を運んでしまう。
そもそもフランスの国土の半分は農地なのだから、このイベントはフランスの姿が反映されているといっても過言ではないかもしれない。フランス=パリではなくて、農業!!!あっそれから軍事産業もか・・・。
b0032039_347187.jpg

              こういう柵なども、展示販売されている。
b0032039_3482511.jpg

牛洗いマシーン。この値段がお買い得かどうか、検討もつかない。後ろに写っている大きな肥料用のダンクも売り物です。
b0032039_3501873.jpg

                        このパズル、渋い!
b0032039_3514715.jpg

                    おしゃれな首輪。かっこいい。
b0032039_3525450.jpg

                           肉のトンネル。
b0032039_3545088.jpg

            まずはシュワシュワ。安い!一杯4ユーロ。美味しゅうございました。
b0032039_3555784.jpg

昼飯は、コルシカ島の名物。この写真のものをパンにはさんで食べました。こちらも美味しゅうございました。
b0032039_35817100.jpg

デザートはクレープ。グラン・マルニエが、かけ放題だったので、たっぷりと。またまた美味しゅうございました。
b0032039_413613.jpg

            眼鏡をかけた子供。いっさい笑顔はありません。
b0032039_432430.jpg

子供の為のロッククライミング教室。登ったはいいが、怖くなって降りれなくなる子が続出。

b0032039_443172.jpg

警察犬。生まれて初めて触ったが、さすがに怖かった。命令されれば、いつでも噛み付いてくるのだろうから、そう思ったら普通の犬のようには触れない。でもかわいかったなあ〜。
自分の中では今回のイベントの中で一番興奮したアトラクション?だった。こんな機会はめったにないな。
b0032039_48512.jpg

憲兵隊募集の看板の前で、こんな記念撮影も引き受けてくれます。これも仕事のうち。犬はどう思っているかは知らないが、危険な任務よりはいいだろう。自分も子供がいたら間違いなく撮っていたな。
b0032039_418233.jpg
今回のイベントで購入した、シリアルナンバー入りニンニクとオリーブオイル。生産者から直接買えるのが良い。
b0032039_4192838.jpg
[PR]
by redballoon13 | 2011-02-22 04:13 | 仏蘭西にて

dans deux semaines!!!

とうとう、2週間後には妻がパリに来ることになった。これからは、ずっと一緒。なんて言ったって、マサコがいないとつまらないんだ。こちらには、朝の4時30分に着くということなので、空港にはタクシー以外に行く術がないな。そんなに強い決意ではないが、フランスで生きて行こうと決めた。マサコと2人で楽しく、のんびりと。
[PR]
by redballoon13 | 2011-02-21 09:50 | 仏蘭西にて