<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Doudou

b0032039_2627.jpg娘の為にドゥドゥを購入した。ドゥドゥとは生まれた時から子どもに持たせる、肌触りが良いぬいぐるみだったり、布の切れ端などを指す。フランスでは小さい頃から自分の部屋で1人で寝る習慣があるので、子供が落ち着いたり寂しさを紛らわすための必需品なのだ。添い寝文化の日本ではあまり馴染みがないかと思うが。フランスでは保育園や幼稚園にドゥドゥを持って行って、悲しい時や寂しい時にもお世話になる。といったように、とても大事なアイテムなので妻が見つけた、かわいいドゥドゥが売っている「 Le Poussette Café」に買いに行った。まあ、実際に使用するのは妻ではなく娘なので、気に入ってくれるかはまだ分からない。
[PR]
by redballoon13 | 2011-08-25 02:06 | 仏蘭西にて

夏の終わり

パリはすでに紅葉も始まり、これから長く長く暗い冬が訪れようとしています。そんな、今の気持ちにぴったりな曲だと思います。

[PR]
by redballoon13 | 2011-08-24 18:08 | 仏蘭西にて

隣の地区の市場

b0032039_2405180.jpg水曜日と土曜日に開かれているイエナの市場が最近のお気に入りだ。普段は仕事があるので行けないのだが、今はバカンス中なので買い物はもっぱら市場。特にこの市場でお目当てなのがジョエル チボーという人の野菜だ。以前知り合いの料理人からあそこの野菜は美味しいので是非食べてみてと言われて行ってみたのだが、種類も質(味)もだんとつに良かった。ただし有機栽培なので見た目は悪い。b0032039_24464.jpg










市場には生産者が直売しているスタンドと、生産者から仕入れて販売しているスタンドの二種類がある。ジョエル チボーは生産者直売で、トマトひとつ買うにも料理の仕方や食べ方の相談に応じてくれて接客も完璧だ。それが彼のスタイルだが、接客だけではなく野菜にも彼の人柄が出ているような気がする。b0032039_245699.jpg


家から歩いて15分ほどかかるが、わざわざ出向いても買う価値がある野菜なので、これからも出来る限りジョエル チボーさんの野菜を買いたいと思っている。
[PR]
by redballoon13 | 2011-08-14 02:45 | 仏蘭西にて

美女と野獣

b0032039_29265.jpg

[PR]
by redballoon13 | 2011-08-14 02:09 | 写真の話

シャンパーニュ地方

パリから日帰りで気軽に行ける場所にお酒を好きな人を案内するならシャンパーニュ地方を勧める。パリ東駅からTGVでランスまで45分。ランスの駅前にも見学や試飲ができるセラーが点在するが、ランスから車を借りると近郊の村へも足を伸ばすことができるので、それもお勧めだ。もちろん時間に余裕があればパリから車で行ったっていい。ただし、車で行く場合は少量の試飲でも回数を重ねれば飲酒運転になりかねないので要注意。
b0032039_1172572.jpg

写真の大聖堂はゴシック様式で有名なノートルダム大聖堂。シャガールがデザインしたステンドグラスを見ることができる。よくある幾何学模様のステンドグラスとは違った、絵画のような美しさがある。
b0032039_123418.jpg

こんなに大きな大聖堂をどのようにして作ったのかと思っていたら、出口の脇に当時使っていた滑車の技術を再現したクレーンのようなものが展示されていた。現在の重機を使っても大変な作業だと思われるのに、今から800年も前の人達が当時の技術を駆使して作り上げた情熱と宗教の力には驚くばかりだ。
b0032039_1305883.jpg

車を借りたので、ランス近郊の町エペルネーに行った。某有名ガイドブックによれば、住民ひとりあたりの収入がフランスで最も高いのだとか。ここに来た目的はドン・ペリが造られているモエ・エ・シャンドンのセラーを見学するためだ。見学をした日は気温35度の真夏日だったが、シャンパンが造られているセラーはひんやりと冷たく、長時間居ると凍えてしまいそうな気温だった。セラーの気温と湿度は人工的に管理されているわけではなく、夏でも冬でも一年中自然な状態で一定に保たれているそうだ。湿度もかなり高く壁を触ると水分がにじみ出ているような、しっとりとした感触だった。モエ・エ・シャンドンは各国に展開している一流ブランドなので、質の高いシャンパンを大量に生産する必要があり、生産の工程はコンピューターで管理されているそうだが、その昔は職人が一本一本のボトルを手で回転させながら発酵させて造っていた。今でももちろん、小さい作り手では昔ながらの製法で生産しているところもある。何を大切にしてシャンパンを造るかは、それぞれの考えによって異なるので、一概にどちらが良いとは言えないと思う。モエ・エ・シャンドンのような大手があるから、世界各国でシャンパンを楽しむことができる。ただ、フランスに住んでからセラーを見学するまでモエ・エ・シャンドンのシャンパンを飲んだことがなかった。自分が想像するにモエ・エ・シャンドンの顧客はアメリカ・日本・中国などの外国に多いのではないかと思う。
[PR]
by redballoon13 | 2011-08-14 02:00 | 仏蘭西にて

追悼


大好きな映画「戦国自衛隊」の挿入歌。

More
[PR]
by redballoon13 | 2011-08-11 22:58 | 仏蘭西にて