人気ブログランキング |

<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Pays Basque

b0032039_4503794.jpg日本に帰国する前の最後の小旅行に行ってきた。行き先はバスク地方。バイヨンヌやビアリッツといったスペインに近い大西洋岸の街だ。旅のメンバーは友達と雅子と俺の3人。3人でレンタカーを借りて、3人でホテルに泊ったのでだいぶ安く旅行ができた。夏の間はリゾート地として賑わう海岸も今の時期は人も少なくて静かだった。車の移動中にはピレネー山脈が見える。山はもう紅葉が始まっていてとてもきれいだった。

バイヨンヌでは美味しいものをたくさん食べた。生ハムにピペラドという郷土料理、それにチョコレート。ピペラドという料理はまさに俺の好きな味。トマトベースに卵や甘い唐辛子(パプリカのようなもの)が入っていて、上には生ハムがのっている。生ハムは本当に美味しかったので、ハムの塊をお土産に買って帰った。チョコレートは高いのだが味は最高。値段に見合う豊かな味わいがする。ただのチョコではない。カカオ以外のスパイスの風味が口の中に広がる感じ。俺は甘いものが好きで良かった。

ビアリッツやサン・ジャン・ド・リュズでは海辺を散歩。世界的にも有名なリゾート地で知られるビアリッツは、大きなお屋敷がたくさんあった。街もなんだかお金持ちな匂いがした。昔のお姫様(正確に言うとナポレオン3世の妃)のために建てられた大きな宮殿は今はホテルになっているらしく、とても豪華な夜を過ごせるそうだ。でも俺はお金持ちの街はあまり好きじゃない。面白みがあまり感じられない。一方、サン・ジャン・ド・リュズはビアリッツよりもバスク特有の建物が多くて良かった。でもやっぱりちょっとお金持ちな匂い。

b0032039_5283540.jpgバスク地方は海だけじゃなく山もあるということで、ピレネー山脈の麓の村から30分かけて山頂へ向かう登山電車に乗った。馬、牛、ヤギ、羊といった動物がすぐ近くに見える。そしてバスク地方に広がる村や海が一望できる素晴らしい眺めだった。

バスクとはフランスとスペインにまたがる文化圏で、今は二つの国に分かれてしまっているが、そもそもフランス語もスペイン語も話さない人達が住んでいた。言葉が違うということは、文化も大きく違う。バスク語はイタリア語、スペイン語、ポルトガル語のようにラテン語のグループには属さない。同じ起源を持つ言葉がいっさいなく、それは日本語も同じだと雅子が言っていた。しかもバスク語には日本語に似た音が沢山ある。Eki(エキ)とは太陽のこと、蜂蜜屋の女店主は「Yoko(ヨコ) という言葉もHama(ハマ)という言葉もあるのよ。」と言っていた。しかもキリスト教が入ってくる以前は大地や空といった様々なものに神様がいると信じられていたそうだ。まるで日本のアニミズムみたい。雅子と一緒にいった友達もとても興味を持って話を聞いていた。

これでフランス南部はコートダジュール以外すべてを旅したことになる。大西洋も見れて良かった。

More
by redballoon13 | 2005-10-14 05:16 | 仏蘭西にて

b0032039_123119.jpg


More
by redballoon13 | 2005-10-14 01:22 |

働く車

b0032039_1202461.jpg

by redballoon13 | 2005-10-14 01:22 | 働く車

Oui ou Non

b0032039_722745.jpgトゥールーズの街にやって来た移動遊園地で遊ぶ子供達。トゥールーズの街には遊園地がないので、定期的に移動遊園地がやって来る。子供達は大喜びで遊んでいたが、アトラクションの中にはけっこう本格的な絶叫マシーンもあり、大人はフリーホールなどで楽しんでいた。この写真は子供用の回転ブランコ。小さな子供達がニコニコしながら遊んでいる。係員の「もっと早くまわす?」というアナウンスに子供達がその都度答えるのだが、答える声が小さいと「はい、いいえ、どっち?」と係員が煽るように聞き返す。子供達はそれに煽られてみんなで一斉に「はい!」と大きな声で答えていた。俺と雅子は遊園地が好きというより遊園地で遊んでいる子供を見るのが好きで、なにもアトラクションには乗らないけど子供達の笑顔を見に遊びに行った。でも三半規管が弱い俺は回転ブランコを見ていたらちょっと目が回ってしまい、うちに帰った。

写真の中央にいる女の子は乗っている小さい子たちのブランコの向きを調整する係員だが、彼女もまだまだ子供でガムを噛みながらつまならそうに仕事をこなしていた。本当なら彼女もまだ遊園地で遊ぶ年頃なんだが。
by redballoon13 | 2005-10-11 07:21 | 仏蘭西にて

送別会

b0032039_6512383.jpg
去年の秋にトゥールーズにやってきてからというもの、沢山の友達に恵まれて本当に楽しい1年を過ごせた。そんな友達たちともしばし別れなければならない。今日はこちらに来た当初から仲良くしている友達たちが昼夜とお別れ会をしてくれた。まずは語学学校の時から仲良くしていた尚子さんとロラン夫婦。ロランが作るおいしいご飯をごちそうになったり、サッカーを一緒に見たり。夏の間は2人がバカンスに出かけたので、彼らのアパートにある植木の管理を任されたり。ロランは日本語を話さないけど、俺の下手くそなフランス語を辛抱強く聞いてくれる。今日は最後に昼ごはんをご馳走になりに彼らのアパートに遊びにいった。来年の夏には日本に遊びに来ると言っていたからまた会えるけど、でも少しの間だけお別れだ。

そして夜は滞在当初に偶然知り合ったヨムの家でお別れ会。トゥールーズに来て右も左も分からないうちに出会って、携帯電話を買いに行くのに着いてきてくれたり、お役所の手続きに付いて来てくれたり、本当にいろいろお世話になった友達だ。ヨムとはたくさんお酒を飲んだし、たくさん話をした。パリでは雅子がヨムの弟にお世話になって、夏休みには彼の実家にまで遊びに行った。たくさんの思い出がある。今晩最後に別れる時、雅子も俺もちょっと泣きそうになってしまった。ヨムはトゥールーズの大学であと1年勉強を続けてその後は日本に来ると言ってるのでまた会えるけど、でもちょっと長い間のお別れになる。
by redballoon13 | 2005-10-10 07:13 | 仏蘭西にて

完成!!!

b0032039_16214532.jpgb0032039_162289.jpg毎日こつこつと作業を続け、約二週間で完成した。いろいろな意味で本当に良い経験をさせてもらった。家具は、紙やキャンバスのように机に座って絵を描くことが出来ないので、とても疲れた。大家さんに気に入ってもらえるといいのだけど・・・。最後の仕事が終わった。

More
by redballoon13 | 2005-10-09 16:23 | 仏蘭西にて

プレゼント

b0032039_7192730.jpg
雅子の日本語教室に通っていた生徒からもらったプレゼント。まだ20歳の若い男の子で、始めたばかりだと言うのにかなり日本語も上達している。彼がここまで日本語をやる気になったのも日本の漫画のお陰だ。フランスでは多くの子供達が日本の漫画の翻訳本を読み、テレビでは日本のアニメを見て育っているので、漫画&アニメ好きが高じて日本好きになる子が多い。彼もその一人なのだが、彼の場合は単なる好きだけにとどまらず、将来漫画家になるためにイラストレーションの学校へ通って勉強しているそうだ。将来の夢は日本語とフランス語で漫画を描くことだと言っていた。日本に住んで漫画家として生きていきたいらしい。そのための日本語を雅子と一緒に勉強していた。今日は彼と女の子の生徒2人を招いて日本食(とんかつ)を作って食事した。数日前に彼から「誠の好きな漫画を教えて欲しい」とメールが届き、何のことやら?と思っていたら、俺の好きな漫画のキャラクターと一部彼のセレクトを加えた絵を描いてプレゼントしてくれた。雅子には来週違うものを持ってきてくれるらしい。
by redballoon13 | 2005-10-08 07:32 | 仏蘭西にて

いろいろ終わる。

b0032039_5313833.jpg約半年間働いたOkiniの仕事が9月いっぱいで終わった。今思い返してもいろいろ試行錯誤しながら、まあ良くやってきたなあと思う。初日の失敗(20合の米を破棄した)が懐かしい。半年とはいえ、いったい何人前のおにぎりと鶏の竜田揚げを作っただろう。この二つのレシピはきっと忘れないだろう。とにかく本当にチカちゃんには雅子ともどもお世話になった。

それから、レストランFujiでやらせてもらっていた個展も、9月末をもって終了した。ここでは4ヶ月間無料で絵を展示させてもらった。改めて考えるとギャラリーでもないのに10枚以上も絵が売れたなんて信じられないことだ。最初に展示させてもらったレストランGenty Magreでも長い間無料で壁を貸してもらい本当に感謝している。日本にもこのようなシステムがあればいいのにと思うが、なかなか難しいのだろうか。


雅子のほうは今週末まで授業が残っているが、来週はいよいよ最後の小旅行に出かけ、その数日後にはパリに向かう。
by redballoon13 | 2005-10-05 05:21 | 仏蘭西にて